【保存版】2020年民法改正対応ガイドブック

民法改正で変わる賃貸経営Q&A

民法改正のポイントをわかりやすく解説✐
~全24Q&Aケース付き~

民法改正(2020年4月1日施行)
の主なポイント

民法改正に伴い入居促進・契約業務に影響を与える連帯保証人の手配。
不動産会社様の業務負担も増える可能性があります。

民法改正に伴い入居促進・契約業務に影響を与える連帯保証人の手配。不動産会社様の業務負担も増える可能性があります。

  • 連帯保証人の
    極度額明示の義務化

    連帯保証人の
    極度額明示の義務化

    不動産賃貸契約において、連帯保証人をつける際には、契約の締結時に極度額を必ず定めなければいけません。

    不動産賃貸契約において、連帯保証人をつける際には、契約の締結時に極度額を必ず定めなければいけません。

  • 連帯保証人への
    財産状況等の情報提供義務

    連帯保証人への
    財産状況等の情報提供義務

    賃借人の財産状況、収支の状況、賃貸借契約の他に負担している債務の有無とその額、など5項目の提供が義務付けられました。

    賃借人の財産状況、収支の状況、賃貸借契約の他に負担している債務の有無とその額、など5項目の提供が義務付けられました。

このようなことに不安を
お持ちではありませんか?

  • 連帯保証人が見つかりにくくなりそう

  • 連帯保証人の手配に手間がかかりそう

  • 連帯保証人が見つかりにくくなりそう

  • 連帯保証人の手配に手間がかかりそう

不動産会社の業務負担を増加させます

不動産会社の業務負担を増加させます

Casaの事業用家賃保証サービスとは

オフィス・SOHO・店舗・倉庫などの事業用物件にて
テナント様による家賃未払いなどのトラブルが起きた際に、Casaが賃料等を保証するサービスです。

事業用家賃保証を利用することで、民法改正の影響なく入居が可能です。

事業用家賃保証サービスを利用するメリット

事業用家賃保証サービスを
利用するメリット

  • 手間なく
    スムーズに契約

    Casaが保証するので連帯保証人に依頼することなくスムーズに契約できます。

  • 入居率アップ!

    家賃の未払いを保証するので、保証金が減額でき、他社物件と差別化できます。

  • 充実の保証!
    最大24ヶ月

    原状回復、法定手続費用まで保証します!

  • 手間なく
    スムーズに契約

    Casaが保証するので連帯保証人に依頼することなくスムーズに契約できます。

  • 入居率アップ!

    家賃の未払いを保証するので、保証金が減額でき、他社物件と差別化できます。

  • 充実の保証!
    最大24ヶ月

    原状回復、法定手続費用まで保証します!

事業用家賃保証の内容

事業用家賃保証の内容

初回保証委託料

賃料等の80

※最低保証料は30,000円

年間保証委託料

賃料等の10(1年毎)

※最低保証料は10,000円

初回保証委託料

賃料等の80

※最低保証料は30,000円

年間保証委託料

賃料等の10(1年毎)

※最低保証料は10,000円

保証限度額 保証極度額
賃料等 賃料等1ヶ月分/月 賃料等の
24ヶ月分/月
変動費 実費相当額
退去時精算費用 賃料等3ヶ月分
早期解約違約金
更新料 賃料等2ヶ月分/月
賃料等相当損害金 賃料等1ヶ月分
(別途変動費実費相当額)/月
訴訟費用 100万円(税込)まで

対象物件:事務所・SOHO、店舗、倉庫・工場、貸地

保証期間:ご契約から退去明け渡し完了まで

【保存版】2020年民法改正対応ガイドブック

民法改正で変わる賃貸経営Q&A

民法改正のポイントをわかりやすく解説✐
~全24Q&Aケース付き~

\最後まで読んでいただき
ありがとうございます/

Casaの事業用家賃保証サービスについて、
詳細資料をご用意しています。

詳しい内容を知りたい方は
ぜひお気軽にご連絡くださいませ。