オーナーに選ばれ続けるためには、どうすればよいのか?
その答えは極めてシンプル。 「入居者を獲得してくれて空室を埋めること」 が求められています。

総務省統計局の調査によると、国内の「総住宅数」における空き家率は、平成25年時点で13.5%とされています。
これを「賃貸用住宅」に絞ってみると、その空き家率は全国平均で18%にも上ります。
これはすなわち、「5件に約1件」は空き家となっている ことを意味します。

では、こうした状況を打開するために、不動産管理会社はどのような施策を講じればよいのでしょうか。
本資料は、空室対策としてと組むべきポイントを3つにまとめてご紹介しています。

オーナーに選ばれ続けるためには、どうすればよいのか?
その答えは極めてシンプル。 「入居者を獲得してくれて空室を埋めること」 が求められています。

総務省統計局の調査によると、国内の「総住宅数」における空き家率は、平成25年時点で13.5%とされています。
これを「賃貸用住宅」に絞ってみると、その空き家率は全国平均で18%にも上ります。
これはすなわち、「5件に約1件」は空き家となっている ことを意味します。

では、こうした状況を打開するために、不動産管理会社はどのような施策を講じればよいのでしょうか。
本資料は、空室対策としてと組むべきポイントを3つにまとめてご紹介しています。